【いびき】解消におすすめの枕はどう選べば良い?

2015-01-13_125456

by istolethetv

いびきを解消するための枕選びには、どんな事を抑えておき、どんな点に注意していけば良いのでしょうか?

 

騒音ケアサプリランキング1位!

販売元:from COCORO
1

だからおすすめ!
  • いびき対応のCoQ10を使用
  • 歯ぎしりにも対応する成分
  • 10日の返金保証で安心

「いぶきの実」公式
夜の騒音が辛いという時に試したいサプリが「いぶきの実」。その主成分は還元型のCoQ10。

CoQ10は体内エネルギーを生み、抗酸化力の強い成分として有名ですが、実は夜の爆音にも効果が。

そもそも、夜の騒音の原因は「舌根が緩んで喉の空気の通り道が狭くなる」事が原因。

CoQ10由来の「エネルギーを生成パワー」は、緩んだ喉奥の筋肉も正常な状態に戻します。

この作用で、空気の通り道が広がるので、騒音予防にも効果が期待できるのです。

詳しく見る

 

いびきの原因

いびきの原因となるものは様々なものがあります。寝ている時に、喉をとおる空気が狭い時に起こる振動音で、咽頭が狭くなる原因は次のとおりです。

  • 太っている・肥満により咽頭が圧迫
  • アルコール等によって筋肉が弛緩し圧迫
  • 女性や現代型の細身の骨格上・筋肉が弱かったり気道が狭く圧迫
  • SAS (睡眠時無呼吸症候群)

SASについては、中途覚醒の記事でも少し解説しましたが、いびきの原因と一致するものも多いです。 睡眠時に、一瞬でも無呼吸状態が続けばそれだけ脳や身体への酸素供給がいきわたらくなり、心身の疲れを取るはずの睡眠が、逆に疲れを蓄積させるものとなってしまいます。

一次的なものであれば問題ありませんが・・・たかが【いびき】と侮らず、しっかりとした対策を意識する方が良いでしょう。

 

スポンサードリンク

 

いびきを解消する枕選び

枕が原因で【いびき】が起きる場合もあるようです。 仰向けに寝ている時に、下のつけ寝が下がり(または脂肪によって狭くなっているので)そのまわりが振動によっていびきが起きます。

首の傾きに角度次第では、 特に【肥満や体質的に気道が狭くなりやすい人】ではなくても、気道が狭くなってしまいます。首の傾きが、いびきへの影響となるのですから、首の傾きを正常の角度にすれば良いわけです。

角度を正常に保つには、枕の高さが何より重要。 高い枕なら良い。低い枕なら良いという事ではなくて、 『ちょうど良い高さ』 の枕を選ぶ事がベストでしょう。

自分に合った適切な枕を選ぶには、次の2通りの方法がおすすめです。

高さ調整機能付き枕を選ぶ

自分に合った高さの枕を選ぶ事は難しいです。 これは実際に眠ってみながら色々と高さを変えて試してみる事が地道ですが現実的。 高さ調整機能付きの枕であれば、試行錯誤しながら試す事が可能です。

ピローフィッターに頼む

プロ目線で枕を選んでもらいます。 ピローフィッターというのは、枕選びのプロ。 専用の器具やその人本人に合った枕を選んでもらえます。 ピローフィッターについては、以下の記事も参考にしてみて下さい。

⇒ 自分に合った枕のベストな選び方まとめ・肩こりもスッキリ!

 

いびき改善用に、いびきに反応する振動機能付き枕や、無理矢理横向きにする抱き枕等もあります。しかし、中途覚醒や、寝返りをうちにい状態にしてしまうので、これらの方法はあまりおすすめできません。

 

いびき解消で意識すること

枕の高さを自分に合ったものにしても、 そもそも体質的に改善しなければ いびき改善は難しいでしょう。

  • 肥満体質を改善する。(肥満による気道の狭さを改善)
  • アルコールを控える。(筋肉弛緩による気道の狭さを改善)
  • 横向きで寝る。※寝返りはうてるようにすること
  • 鼻呼吸も意識する。(口呼吸のみだといびきをしやすい)

いびき時に、一瞬呼吸が止まってるようなタイプはSASの可能性が疑われます。 これはパートナーさんに確認してもらうか、 起床時のだるさ、慢性的な疲れを感じる場合もSASとなっているかもしれません。 いずれにせよ、 専門の医療機関で早めに受診する事が望ましいです。

 

スポンサードリンク

 


「寝れる体質」に戻す2つの行動

なかなか眠る事ができなかったり、眠りが浅かったりする場合、 「寝れない体質」に体が変化してしまっているかもしれません。

「寝れない体質」から「寝れる体質」に戻すため、 簡単にできる、次の「2つの行動」をぜひ試してみて下さい。

詳しく見る

サブコンテンツ