テアニンとは?睡眠への効果とすごい3つの効能

2014-12-17_103216

「睡眠やリラックス効果が期待ができる」とされるテアニン。テアニンの効果や、おすすめの摂取方法についてまとめました。

photo by  Matthew Hadley

 

 

テアニンとは?

テアニンは特に緑茶の中にたっぷりと含まれている成分。

緑茶ではカテキンが有名で、カテキンが苦さや渋みの味覚に影響してるのに対してテアニンは、うまみや甘さに影響する成分です。

つまり、単純にテアニンが多く含まれるているお茶はうまみも強いという事。高級緑茶にはテアニンが多く含まれていて、このことからも テアニンがうまみ成分だという事がよく分かりますね。

 

テアニンはどんな効果があるの?

テアニンはシンプルにうまみ成分として美味しいという事の他、さまざまな人の体に良い影響を与えるものとしてもしられてます。

簡単にテアニンが体へ与える影響として実証されたり考えられたりしている事は以下のとおり。

  • 熟睡できる
  • リラックス効果がある
  • 冷え症の改善
  • 記憶力の向上

テアニンをとると、α(アルファ)波が多くでる実験結果があります。

α波はリラックス状態に出る脳波で、テアニンの摂取量によってα波の増加が認められる研究結果が出ているのだとか。

その結果睡眠では、中途覚醒することなく朝までぐっすりと眠る事ができたり熟睡できる事で、起きた後の行動も活性化されるという事。

また、α波によってリラックス状態=筋肉がゆるむ&血管の拡張 によって手足の末端までしっかり血液が届き流れが良くなる事によって冷え症の改善にも繋がります。

また、テアニンにはセロトニンの濃度を増やす効果も見込まれていて、その結果、集中力が高まり記憶力や学習能力の向上効果も期待されています。

 

テアニンはどうやって摂る?

テアニンは、すでにお伝えしたとおり緑茶に多く含まれている成分。(紅茶にもあるようですが、緑茶の方がはるかに多いです)

お茶の新芽の部分に多く含まれている成分なので、当然 新茶の一番茶がもっとも自然に多くとれる状態であると言えます。

またテアニンは、普通のお茶ではなくて高級緑茶によく含まれています。テアニンを摂取する事が目的でお茶を飲むなら、新茶で高級な緑茶が必要です。

また、シンプルに「栄養成分としてのテアニンだけを摂取したい」という場合には、成分だけを凝縮したサプリを利用する方法もおすすめ。

信頼できる「テアニンサプリ」

1

だからおすすめ!
  • 機能性表示食品として消費者庁に受理されている
  • 国内GMP認定工場で製造
  • 睡眠成分を1粒に凝縮

テアニンサプリを選ぶなら、爽眠αがおすすめ。

医薬品のような強い入眠や睡眠維持効果はないので、身体に負担をかける事なく穏やかに睡眠をサポートしてくれるので安心。

通常、初回980円のような表記で安くみせながら、強制的に複数回の定期購入が必要なテアニンサプリが多いもの。

そんな中、爽眠αは初回価格だけで「購入制限がない」という点も良心的。多くの人が効果を実感しているからこそできる事です。

詳しく見る

 

同じカテゴリー・その他の記事

 

スポンサードリンク

 

「寝れる体質」に戻す2つの行動

なかなか眠る事ができなかったり、眠りが浅かったりする場合、 「寝れない体質」に体が変化してしまっているかもしれません。

「寝れない体質」から「寝れる体質」に戻すため、 簡単にできる、次の「2つの行動」をぜひ試してみて下さい。

詳しく見る


サブコンテンツ