ルテインが生理的飛蚊症をサポートする効果のある2つの理由

7

飛蚊症の対策に。目にいいとされる成分「ルテイン」の主な効果と、飛蚊症との関係性についてまとめます。

photo by Jim, the Photographer

 

 

ルテインとは?

ルテインは緑黄色野菜等に多く含まれている成分。緑黄色野菜の「黄色」に相当する色素で、鮮やかな黄色の他にもいくつかの特徴を持っています。

  • かなり強い抗酸化力
  • 炎症を抑える作用
  • 有害な光をブロックする

特に、ルテインを代表する作用が強い抗酸化力がある事。「酸化」はいわゆるサビの事で、人の老化の大きな要因となっているのが活性酵素です。抗酸化力があると、この活性酵素を除去してくれるので老化を抑える働きがあります。

 

ルテインが飛蚊症をサポートする理由

飛蚊症の原因の一つと言われるのが、目の老化です。「老化」の原因は、お伝えしたとおり活性酵素によるもの。

ルテインは目の中の黄斑部や水晶体に多く存在していますが、体内で作り出す事はできず加齢と共にどんどん減少しいていきます。ルテインが減るため、活性酵素を除去できずにさらに目の老化が進み、飛蚊症の要因となってしまっているのです。

自分で作り出す事ができない成分なので、ルテインを含む食事やルテインサプリ等が必要となってきます。

また、ルテインの「有害な光をブロックする」という働きも飛蚊症対策に有効。ルテインは紫外線やブルーライト等の有害な光をフィルターし、目を守ってくれる働きがあります。これらの光は、目の奥に入りこむ事で活性酵素を発生させ飛蚊症の原因を作り出します。

  • 活性酵素を除去
  • 活性酵素を発生させる要因となる光をブロック

この2つの働きが、ルテインが飛蚊症対策に有効とされる理由です。

 

「寝れる体質」に戻す2つの行動

なかなか眠る事ができなかったり、眠りが浅かったりする場合、 「寝れない体質」に体が変化してしまっているかもしれません。

「寝れない体質」から「寝れる体質」に戻すため、 簡単にできる、次の「2つの行動」をぜひ試してみて下さい。

詳しく見る


サブコンテンツ