「一人が寂しい…」で寝れない時に眠りやすくする3つの方法

1

1人で過ごす夜が寂しいと感じるのは、一人暮らしをし始めた頃など急に夜1人になる状況になった時。また、逆に1人で過ごしている期間が長くてそう感じてしまう場合もあるはず。

寂しさの気持ちが強くなり過ぎてしまって、なかなか寝付けない時の対処方法についてまとめました。

 

 

「一人で寂しいと感じる瞬間」はどんな時?

どんなシーンで「一人が寂しい…」と感じるのかを知ると対処もしやすくなりますね。

コンセプト型シェアハウスの企画運営を行っている「IRODORI」では、「女性の一人暮らしで寂しいと思う時はどんな時?」とアンケートをとっていました。

その結果をランキングにすると、次のような内容に。

  • 1位:家でご飯を一人で食べる時
  • 2位:家に着いた時
  • 3位:週末
  • 4位:テレビでスポーツ観戦をする時
  • 5位:携帯にメッセージや電話がない時
  • 6位:夜、暗くなった時
  • 7位:恋人と楽しい時を過ごした後
  • 8位:地震があった時
  • 9位:実家から戻ってきた時
  • 10位:お祭りとか、家の外が賑やかな時

引用元:「女性が1人暮らしで寂しいと感じるベスト10」

上位にランキングされているものに関しては、誰しも経験した事がある人が多い内容かもしれません。

「地震があった時」のように、予期できないどうにもならない出来事は別にして、その他の多くの内容はは事前対策が可能なはず。

「家についた時」なら、すぐにテレビや灯りをつけて寂しさを感じれなくする。「週末」にはなるべく友人と出かける。

気持ちがブルーになりそうな日は家で一人でご飯を食べない。

「実家から戻ってきた時」は、その後になるべく用事を事前に入れておくようにする等の方法が考えられます。

「1人が寂しくて寝れない」の対策として、こんな風に、寝る時間帯以外の行動を工夫をしてみるところから始めてみて下さい。

 

ハーブティーを活用しよう

29

基本的にハーブティーはノンカフェイン。夜寝る前に飲む「飲み物」としても最適で、癒しの効果で気持ちもリセットしやすくできます。

また、ハーブティーには睡眠状態にもっていきやすくなる副交感神経を優位にする効果や、「睡眠に効果の期待できるハーブティー」もあるので、そういった茶葉を利用してみるのもおすすめの方法です。

▶関連:睡眠効果の高いハーブティーの種類まとめ・ノンカフェインで安心

 

アロマを使ってみよう

1

「一人が寂しい」という状態長続きすると、その空間やその環境自体が不快に感じるようになってしまう場合もあります。

入眠儀式という言葉があるとおり、自分が寝やすくするための決まった行動や環境を作り出す事によって、気持ちを切り替えやすくなったり、リラックスして睡眠しやすい状況にする事が可能。

そんなスイッチのひとつとして導入しやすいものがアロマの利用です。

アロマディフューザー等を使って、専用のオイルを揮発させる方法が一般的ですが、薄めたオイルを枕もとに添付して香りを感じる方法もあります。

自分の根性で気持ちを切り替えるよりも、こうした周りの環境で気持ちを切り替える方がラクでストレスも感じにくいはず。

▶関連:不眠症解消に安眠効果や効能のあるアロマ・香りの特徴と選び方

 

大人も癒やされる「ぬいぐるみ」の効果を活用しよう

2

「ぬいぐるみ」自体は、持つだけで気持ちがリラックスしたり落ち着いた気分になるという事は実験データでも証明されていること。

よりリラックス効果を高めてくれるような「赤ちゃんの呼吸を再現したもの」や「動物の呼吸を再現したもの」等を試してみるのも一つの手段です。

また、男性で「ぬいぐるみを持つ」という事に抵抗を感じるのであれば、抱きまくら等を使う事で同様にリラックスする事ができます。

▶関連:ぬいぐるみを抱いて寝ると・癒やし効果で睡眠できる理由

 

スポンサードリンク

 

「寝れる体質」に戻す2つの行動

なかなか眠る事ができなかったり、眠りが浅かったりする場合、 「寝れない体質」に体が変化してしまっているかもしれません。

「寝れない体質」から「寝れる体質」に戻すため、 簡単にできる、次の「2つの行動」をぜひ試してみて下さい。

詳しく見る


サブコンテンツ