自分で簡単できる・不眠症改善を期待できるツボはこの2箇所

なかなか眠れない時に効能のあると言われているツボを2箇所紹介します。自分でも簡単に押せるツボなので試しにやってみてはいかがでしょうか?

 

 

耳の後ろにあるツボ『安眠』

その名前のとおり安眠効果が期待できそうなツボです。不眠症の大きな原因となり得るのが自立神経の乱れによるものです。安眠のツボは、この自律神経の乱れを緩和してくれるツボでもあります。

具体的な安眠の場所は以下の動画を参考に↓

 

コツは、痛くなるほど押してしまうと逆効果なので、程よい強さで適度に押す方が良いです。押す指は、親指小指を除く真ん中3本で全体をさするか、親指を使ってグッと押し込みます。

斜めから押し込みと、無駄に力が分散してしまうのでできるだけ押す面に対してまっすぐ押す方が良いです。(これは、他のツボ押しでも同様)

疲れがたまっていて寝付けない時は、安眠を押すとじゃかんの痛みのようなコリのようなものも感じる事があるみたい。普段の身体のストレスチェックにもなりいつでも手軽にできるツボ押しなのでおすすめです。

 

スポンサードリンク

 

足の裏のツボ 失眠

失眠というと、眠りを失ってしまいそうな印象のある名ですが、失われた睡眠を取り戻すという意味で失眠というツボの名前がついているようです。

失眠を押す事での効能は、不眠症の改善の他にも、うつや神経症、むくみ、冷え、股関節痛の緩和など・・・かなり多岐に渡っています。※注意点として、妊娠中の方は押さない方が良いようです。

失眠の場所は、かかとのちょうど中央に位置しています↓

 

失眠は 足の裏という場所もあってしっかりめに押さないと効果のないツボ。指先でちょっと押す程度ではあまり効果は期待できません。指圧器具を使って押すか、ボールペン、ゴルフボールなどしっかりと力を加えれるものを使って押せばしっかりと力を伝える事ができ効果的です。

 

この記事を読んだ後におすすめのページ

 

スポンサードリンク

 

「寝れる体質」に戻す2つの行動

なかなか眠る事ができなかったり、眠りが浅かったりする場合、 「寝れない体質」に体が変化してしまっているかもしれません。

「寝れない体質」から「寝れる体質」に戻すため、 簡単にできる、次の「2つの行動」をぜひ試してみて下さい。

続きはこちら


サブコンテンツ