夜寝る時に鼻がつまる原因・鼻づまり解消法3つ

snooze__front_view____Flickr_-_Photo_Sharing_

片方だけ鼻が詰まって何度も寝る向きを変えたり、両方の鼻が詰まって息苦しい時でも…なるべく快適に睡眠するための方法をまとめました。

photo by liz west

 

4

 

鼻づまりの原因

鼻づまりの原因となるものは大きく分けると3つになります。

風邪等による副鼻腔炎

風邪による細菌感染症で副鼻腔炎(急性)になったもの。粘り気のある鼻水によって鼻づまりが起きます。

鼻炎によるもの

さまざまなものが原因で起こる鼻炎によって、粘膜が腫れて圧迫する事で鼻づまりが起きます。

構造を妨げるもの

体質的に鼻の空気の流れを悪くしている状態。(鼻中隔弯曲症)慢性的な副鼻腔炎が原因で起こる鼻茸。子供の鼻づまりに多いアデノイド肥大などが原因となります。

自律神経のよるもの

特に花粉症に悩む人は「モーニングアタック」と呼ばれる言葉を聞いた事があるかもしれません。

モーニングアタックは、朝起きた時に花粉症の症状が強く現れる状態で、花粉症の人が最も辛く感じる時間とも言われます。

原因は諸説ありますが、その一つに「自律神経の切り替わるタイミングだから」という理由があります。

すると、鼻の粘膜の血管が膨張して鼻づまりが起こる、膨張した血管から水分がもれて鼻水が出る、鼻粘膜の中にある鼻腺(びせん)細胞から粘液が活発に分泌するなど、諸症状をコントロールできず、モーニングアタックが起こりやすくなります」

出典:http://woman.mynavi.jp/article/150214-57/

自律神経の乱れによる鼻づまりは、夜寝る時にも同様に起こるようで、起きる時とは逆に交感神経から副交感神経が優位になるタイミングでも起こります。

 

寝る前の鼻づまり解消法

ここでは、病院の薬以外での自分で比較的簡単にできる解消方法についてまとめます。

(※但し、慢性的な鼻づまり等は、手術が必要となる場合もあるため専門医に早めに相談する事も大事です)

呼吸法によるもの

  1. 大きく息を吸う
  2. 息を吐ききる
  3. 息を止めた状態で鼻をつまむ
  4. 上を見て、下を見て、と2秒間隔で繰り返す

多く紹介されている有名な方法。起きている時には即効性がある方法ですが、寝ている時に両方の鼻が詰まっている時にも一時的に緩和されます。

鼻を温める

鼻の周辺を蒸しタオルでゆっくりと温めるようにします。熱すぎるタオルは、交感神経を刺激してしまうため、やや温めでじんわり温める事で睡眠も妨げません。

鼻孔拡張テープの利用

いわゆる「ブリーズライト」等の鼻孔を拡張させるテープを利用します。慣れないうちは、少し違和感を感じますが、鼻はかなり通りやすい状態となります。

「鼻呼吸」をクセづける手段としても有効です。

鼻炎スッキリ!なお茶

販売元:さくらの森
2

ここがおすすめ!
  • 希少な田七人参と緑茶
  • 有機JAS認定農園で栽培
  • 15日間の返金保証

「白井田七。茶」公式

鼻炎やズルズルで悩んでいる人は「白井田七茶」がおすすめ。

その仕組みはカテキンとサポニンという2つの成分によるもの。

「日本カテキン学会」によると、カテキンにはアレルギーの原因となる炎症性物質ヒスタミンの放出を抑え抑制する効果が確認されているとあります。

そして、漢方の中でも上薬として有名な「田七人参」のサポニンには、抗アレルギー作用があり鼻炎の緩和に有効です。

15日の返金保証がついているので、とりあえず一度試してみたいという人でも安心して利用する事ができます。

詳しく見てみる

 

3

 

「寝れる体質」に戻す2つの行動

なかなか眠る事ができなかったり、眠りが浅かったりする場合、 「寝れない体質」に体が変化してしまっているかもしれません。

「寝れない体質」から「寝れる体質」に戻すため、 簡単にできる、次の「2つの行動」をぜひ試してみて下さい。

詳しく見る


サブコンテンツ