横向きの寝方で「右向き左向き」消化に良い寝る方向

7

ご飯を食べた後にすぐ横になるとき。右向きに寝るのと、左向きに寝るのはどちらの方が良いのでしょうか?

 

 

消化に良い寝る方向は右向き

一般的にご飯を食べた後で寝る方向の向きは、お腹の右側を下にする右向き寝が良いとされています。

食べた食べ物は口の中に入った後で、胃の入り口に入り消化され胃の出口へと進んでいきます。

この胃の「入り口」と「出口」は、正面から見た時に下にストンと落ちるように真っ直ぐにはなっていません。

正面から見ると、「入り口」に対して「出口」が少し左にずれたような位置にあります。自分目線でみると出口が右にずれたような状態です。

この位置関係の違いが消化には右向き寝が良い理由。

例えば、右向き寝をした時の胃の様子真横から観察した時のイメージは、次のようになります。

1

赤色が食べ物が通る流れを単純化したもの。

右向きに寝ると、画像のように重力したがって下に落ちるように進んでいくため消化がスムーズになるという仕組み。

2

一方で、左向きに寝た時は、食べものが重力に逆行するように進んでいかなくてはいけないので、その分、胃に負担がかかってしまうという仕組みです。

 

左向きにもメリットがある

一方で左向きに寝る場合がメリットになる事もあります。

それは、逆流性食道炎を持っている人の場合。胃の機能が低下している人に起こりやすく、胃の内容物が食道へと逆流してしまう現象の事です。

逆流性食道炎の人が左向きに寝るとこんな感じに。

2

食べ物の順路的には負担がかかりますが、消化中には胃がプール状になっていて食道への入口に達していません。

1

一方で右向きに寝るとこんな感じに。

プール状にならないため、食道への入口に胃の内容物が達します。通常であれば食道に戻る事はありませんが、逆流性食道炎の人は、食道への出入り口の筋肉がゆるんでいるので、逆流してしまう要因となるのです。

まとめるとこのようになります。

  • 食べた後で寝る場合は消化に良いのは右向きが基本
  • 逆流性食道炎の人は左向きに寝ないと逆流のリスクが高まる

ちなみに、基本的に消化に良い向きは右向きですが、ホリスティック医学(体だけではんく、心や瀬精神、環境を含めた総合的な医学)では、体の左側がリンパの中心となるので、左下(左向き)で寝る事で「リンパの循環や不要な毒素の排出を促すので良い」とも言われています。

 

「横向き」に寝ると快適な枕

「横向き寝」用の良い枕が欲しい!という人に、人気の高い枕がYOKONE2です。

実は、「横向き寝」は、多数の専門医や研究者から多くのメリットが報告されている寝る姿勢です↓

「横向き寝」のメリット
  • モニター調査で睡眠深度が改善
  • 気道を圧迫せず、いびき解消
  • リンパや血液の流れを改善
  • 腰痛や首こりを改善
  • 消化吸収も助ける姿勢
  • 妊娠時も横向きが基本
  • 認知症要因のアミロイドβを寝ている間に最も排出する向き(米大学の研究機関が発表)

YOKONEは、そんな横向き専用に作られた3次元構造の枕です↓

横向きに寝た時に、自然な位置で体全体が水平になって、腕の置き場所がある点も他にはない特徴。

「横向き寝」に特化した4点を支える特許技術を使用してます。

詳しく見る
1

YOKONEは「良い部分」はそのままに、新機能を追加して、新しくモデルチェンジしました↓

体に合わせた高さ調整が可能に。2つの硬さからチョイス可能。

独自の形を利用して、こんな使い方もできるように。

また、安眠しやすい素材に変わり肌触りも前より向上しています。

 YOKONEを使ってみた!

半信半疑で注文したYOKONE枕ですが、少し高さが高いかな?という心配も吹き飛ぶ寝心地の良さにびっくりです。

寝心地の良さからすると他にもいい枕はあると思います。

しかし、横向きに寝る私はたまに起床時に首や肩が痛いことがあったのですが、この枕を使用すると起床時のコリが全くなくなりました。

使い始めて数日は、自分に合う寝方を探していましたが、そのうち慣れたようです。

以前は歯軋りもひどく、夜は何度も起きていましたが、この枕を使い始めてからはたまに夜一度トイレに起きることがありますが、ほとんど朝まで熟睡。

私も使ってみたところ、高めですが程よく柔らかいので頭がちょうどよいところに沈んでうまくフィットします。

詳しく見る

「寝れる体質」に戻す2つの行動

なかなか眠る事ができなかったり、眠りが浅かったりする場合、 「寝れない体質」に体が変化してしまっているかもしれません。

「寝れない体質」から「寝れる体質」に戻すため、 簡単にできる、次の「2つの行動」をぜひ試してみて下さい。

詳しく見る


サブコンテンツ