5分で簡単に出来る!「眠気」を抑えるオススメの手のツボ

7

眠気を抑える効果が期待できる、おすすめのツボを紹介します。ツボに対して指で垂直に。息を吐きながら3秒ほどゆっくり押す。息を吸いながら3秒かけて離すを各所5回ほど繰り返してみて下さい。

 

 

合谷(ごうこく)

1

人差し指と親指のつけ根の骨部分が交わる場所にある、ちょっとくぼんだ部分が合谷です。眠気以外にも有名なツボで、反対側の指でいつでもすぐ押す事が可能なため人気。

身体の血行が良くなる事で交感神経も刺激され、眠気解消に効果的。血行が良くなる事から、頭痛や肩こり、生理痛等の各種「痛み」系の症状にも効果が期待できる万能のツボです。

 

中衝 (ちゅうしょう)

2

中指の爪部分のひとさし指側のつけ根部分にあるツボ。押すというよりは、少し回すようにしてグリグリと押さえます。特に強い眠気を感じている時に押すと、効果が高いそう。

 

商陽(しょうよう)

3

人差し指の親指側の爪のつけ根部分にあるツボ。ツボの押し方は中衝と同じ感覚で、やはり円を描くようなイメージで回しながらぐりぐりと押さえていきます。

眠気を解消してくれる効果の他にも、集中力をアップさせてくれる効果があるので、デスクワークや勉強中に「疲れたな…」と感じた時に覚えておくと良いツボ。

 

少沢(しょうたく)

4

中衝・商陽と同じ感覚。小指の外側にあるツボです。押し方も同じニュアンスですが、親指で押すと小指に対しての面積が広くなりすぎてしまいがちなので、人差し指を使って押すのがおすすめ。

 

労宮(ろうきゅう)

5

今回紹介している「眠気覚まし」のツボの中で、唯一「手のひら」側にあるツボ。ちょうど手のひらの真ん中あたりにあるツボで、拳を握った時に中指と薬指が当たる辺りのイメージ。

眠気を覚ましてくれる他、疲労回復にも効果の期待できるツボです。

 

「寝れる体質」に戻す2つの行動

なかなか眠る事ができなかったり、眠りが浅かったりする場合、 「寝れない体質」に体が変化してしまっているかもしれません。

「寝れない体質」から「寝れる体質」に戻すため、 簡単にできる、次の「2つの行動」をぜひ試してみて下さい。

詳しく見る


サブコンテンツ