睡眠中にマスクをする効果・寝るときは必須!?

Does_she_know_something_we_don_t____Flickr_-_Photo_Sharing_

睡眠中にマスクをすると、身体にどんな効果があるのでしょうか? 寝るときのマスクをする事…についてまとめます。

photo by Tripp

 

 

睡眠中のマスクの効果は?

寝ている時にマスクをする事で、次のような効果が期待できるようです。

 

喉の乾燥を防ぐ

マスクをつける事で、喉のや口の中の乾燥状態を防ぐ事ができます。

特に鼻がつまりやすく、口呼吸になっている人は口の中が乾燥状態になり細菌が繁殖しやすい状態に。(寝てる時よだれが垂れる人は要注意。)

口呼吸ではなくて、鼻呼吸で睡眠できる事が理想ですが、寝ている時の事なので意識して鼻呼吸にするのは難しいはず。そんな場合には、マスクをつける事で口の中の乾燥を防げます。細菌の繁殖や侵入を防いで風邪予防につながったり、口臭予防にも効果が期待できるのだとか。

 

唇や肌の保湿効果

女性の方であれば、唇や肌の潤いを保つためにマスクをしている方も多いかもしれません。 自分の吸ってる空気が蒸気がわりになって、一晩中保湿をしているのと同じような効果となります。

カサカサの肌や唇で困っている人は、試してみる価値がありそうです。(※ニキビができてる時は、保湿のしすぎによってに悪化する場合も合うようなので注意が必要。)

 

冷え症の緩和

人の鼻の奥には血管が集中していて、気温を感知する能力が強いようです。 ここが冷えた状態であると「身体が寒い」と感じやすく冷え症の人は辛い思いをするかも。

マスクをすることで、自分の息で鼻の奥から口元の温度が上昇し、寒さを感じにくくなるそう。 実際、冬場にマスクをつけて外を歩くと…つけていない時に比べ、随分温度の感じ方違う と感じる方も多いはずです。

 

スポンサードリンク

 

睡眠中におすすめのマスク

睡眠中にマスクをつける時は、次のような特徴をもつマスクがおすすめです。

  • 締め付け過ぎない
  • 大きめのサイズ
  • 通気性の良いもの

マスクのつけはじめの頃はそう感じなくても…ずっとつけっぱなしでいると 、思っていたより負担が強く、耳の後ろが痛くなったり、顔の皮膚がこすれて「痛い」と感じてしまうかもしれません。 なるべく【緩め】で肌への負担が少ないものを選びます。

また、寝ている時は、起きている時と違い、自分の意思でマスクの位置を直す事はできません。 少しずれても問題ないように大きめサイズがおすすめ。

そして、最後に一番大事なのが【通気性の良いものを選ぶ】という事です。 濡れマスク等は 喉の保湿には良さそうですが、寝るときの保湿は【マスクをつけてる】という行為自体で十分なはず。 濡れている事で通気性が悪くなり、息苦しく感じ質の良い睡眠を妨げます。

普通のマスクと比べると若干割高にはなりますが、シルク製のマスクがこの3つの条件を満たしてくれるのでおすすめです。

 

スポンサードリンク

 


「寝れる体質」に戻す2つの行動

なかなか眠る事ができなかったり、眠りが浅かったりする場合、 「寝れない体質」に体が変化してしまっているかもしれません。

「寝れない体質」から「寝れる体質」に戻すため、 簡単にできる、次の「2つの行動」をぜひ試してみて下さい。

詳しく見る

サブコンテンツ