「生理的飛蚊症」対策に効果が期待できる4つの栄養素

8

飛蚊症対策サポートに、効果的で有効とされている主な栄養素は3つのものがあります。

photo by VirtualWolf

 

 

アントシアニン

アントシアニンはポリフェノールの一種です。「紫色」を特徴としていて、ブルーベリーや茄子等の紫色部分の天然色素がアントシアニン。

飛蚊症の原因となる「活性酵素」を除去する抗酸化作用が強い成分です。この強い抗酸化力によって、白内障や緑内障等、他の目の病気にも有効とされています。

また、目の中で光情報を受取り脳へ信号を伝達する物質の働きをサポートする効果も。その作用によって「ものが見える」という働きを向上させてくれます。

アスタキサンチン

鮭やイクラ等に代表される赤色の天然色素。アントシアニンと同じく、強い抗酸化力のある成分です。その強い抗酸化力は様々な「老化」に有効で、アンチエイジング系の美容液等でも見かける場合もあるはずです。

▶関連:飛蚊症にはアスタキサンチンがいい?目への影響と効果

ルテイン

アントシアニン・アスタキサンチンと同じく、抗酸化作用を特徴としています。アントシアニンの紫。アスタキサンチンの赤に続き、ルテインは「黄色」を特徴とする天然色素。

マリーゴールド等の鮮やかな黄色の花弁の色の他、にんじん・かぼちゃ・ほうれん草等の緑黄色野菜にも豊富に含まれています。抗酸化作用の他にも、目のフィルターのような役割をしてくれる事も特徴です。

▶関連:ルテインが生理的飛蚊症をサポートする効果のある2つの理由

ビタミン

目のまわりの筋肉の疲れをやわらげてくれるビタミンB1。目のレンズである水晶体に含まれるビタミンC。目の網膜で光を感じる物質を活性化させるビタミンA。また、ビタミンEはアントシアニン・アスタキサンチン・ルテイン等と同じく抗酸化作用のある成分です。

いずれも目の栄養・健康に欠かす事のできない栄養素と言えます。

 

「寝れる体質」に戻す2つの行動

なかなか眠る事ができなかったり、眠りが浅かったりする場合、 「寝れない体質」に体が変化してしまっているかもしれません。

「寝れない体質」から「寝れる体質」に戻すため、 簡単にできる、次の「2つの行動」をぜひ試してみて下さい。

詳しく見る


サブコンテンツ