不眠症解消に安眠効果や効能のあるアロマ・香りの特徴と選び方

1

今回はアロマについての話題。リラックス効果の高いアロマを使って安眠へと繋がりやすい環境を作ります。

 

 

自宅でも気軽にリラックスできたり、ちょっと気分を変えたりする事のできるアロマですがストレス解消や不安を取り除く効果の部分に注目すると不眠症や安眠にも効果が期待できそうです。

実際に、安眠に効果のあるような成分をブレンドしたエッセンシャルオイルなども販売されていますね。リラックス効果のあるアロマの香りは、リラックス時に働く副交感神経を優位に働かせやすくしスムーズな入眠へつながります。

また睡眠前に環境を整える事が習慣化されると、自分なりの寝る前の儀式として定着していきますが、これを『入眠儀式』とも呼び不眠への効果も高いとされています。眠るための自己暗示のようなものです。

 

簡単なアロマの実践方法

アロマを楽しみ方や方法も様々です。下からロウソクの火であぶるような方法蒸気とともに香りを分散させる加湿器のようなタイプ。最近は色も形もオシャレなものが多数揃っています。

睡眠前のリラックス効果目的なら、ずっと香りが漂っているとそれが刺激になり逆効果となる場合も。

アロマエッセンスを数滴垂らしたテイッシュやコットンを枕もとに置いておく程度のほのかな香りが良いでしょう。

お湯を注いだカップの中に少しだけオイル垂らしてベットの近くに置いておくような方法も良いかもしれません。

 

スポンサードリンク

 

不眠症・安眠へ作用するアロマオイル

膨大な数のあるアロマオイルの中特に睡眠に良いとされるアロマオイルをいくつか紹介します。

 

ラベンダー

不眠効果のあるアロマの代表。自律神経のバランスを整える(交感神経の働きを沈める)、心と体を癒してリラックスできます。

 

カモミール ローマン

青りんごのような甘酸っぱい香り、欧米ではカウンセリングの治療薬としても。ストレスや不安を解消してくれます。安眠効果の高いアロマとして、それに特化したエッセンシャルオイルもあります。

睡眠に特化したアロマとして、アマゾンランキングで1位になった カモミール系アロマが↓こちらです。



 

ネロリ

不安や心配な事を取り除く効果。香水に使われるほど高価なもので、女性ホルモンへも影響するといわれています。

オレンジ スィート

万人受けする香り。甘ずっぱい香りは気分を前向きにしてくれたり、不安や緊張、うつ状態にも良いようです。

マジョラム

スパイシーでありながら温かみのある香り。安眠効果のあるラベンダーのような香りが苦手な場合にいちど試してみると良いでしょう。また上記のオレンジスィートとの香りの愛称が良いとされています。

以上、代表的な不眠症・安眠に良いとされるアロマを紹介しました。成分的には、上記のようなものが良いとされますが、あまりそれにこだわり過ぎて、自分の好みではない香りを使っても逆効果です。

選ぶ際の一番の基準は自分が心地よいかどうかを優先して選ぶことが大切でしょう。また、昼にはさっぱりとさわやかな香りで、夜には落ちついた 優しめの香りを嗅いで、このようにアロマの香りを使いわけるのも効果的です。

以下のアロマオイル専門サイト Natural Aroma さんでも様々な種類のアロマを選ぶ事ができます↓

 

2014-11-19_224628
http://www.aromaruichi.com/

アロマオイル選びに悩んだら、このような専門サイトで探してみる事もおすすめですよ。

 

 

この記事を読んだ後におすすめのページ

 

スポンサードリンク

 

「寝れる体質」に戻す2つの行動

なかなか眠る事ができなかったり、眠りが浅かったりする場合、 「寝れない体質」に体が変化してしまっているかもしれません。

「寝れない体質」から「寝れる体質」に戻すため、 簡単にできる、次の「2つの行動」をぜひ試してみて下さい。

詳しく見る


サブコンテンツ