ブルーライトとは?紫外線に近いのでカットしないと不眠の原因に

1

ブルーライト”、少し前に話題となったこの光。スマホやPCの画面から出るといわれるこの光は目に悪いと言われていますが……

 

そもそもブルーライトってなに?

人の目が受け入れる事のできる電磁波の領域を”可視光線波長域”と言います。

そのなかでも、青色系の波長を持つ範囲(380nm~500nm近辺)、この波長領域が俗にいうブルーライトと言われていますね。

可視光線波長を簡単に表したのが下の図。青線の枠で囲ったあたりがブルーライトです。

 

2

 

お肌に悪い!なんて言われる紫外線の領域にも近いのですね。イメージ的にはなんとなく悪影響っぽい感じはありますが…

 

ブルーライトはなぜ目に悪い?

その答えは波長の強さと目の仕組みにありました。例えば太陽の光の波長の強さを図で表すとこんな感じ。(縦が光の強さ)

3

出典:http://www.ccs-inc.co.jp/index.html

 

なにか赤色のほうがパワーがありそうに感じるのですが、光のエネルギーでは青系の色が強いことが分かりますね。つまり目への負担も大きい

そして、もう1つが目と光の関係です。”見る”という事は、網膜で光を感知し情報を識別します。その”光”が目の中を通るおおまかな順番が以下のとおり。

”角膜”(窓の役割)→水晶体(レンズ)→網膜(光の感知

 

スポンサードリンク

 

お肌に悪いイメージの紫外線の”目”への影響ですが、角膜で反射されたり水晶体でカットされるため、網膜までに到達する事はほとんどないといわれています。

しかしブルーライトは可視光線のため網膜まで到達してしまいます。可視できる(見る事ができる)=網膜まで光が通っているという事です。

つまり、ブルーライトは網膜まで到達できる光でありつつ、強いエネルギーも持っているので、目にも負担がかかると言われるのですね。

 

ブルーライトは不眠症の原因にも?

そしてブルーライトは睡眠にまで影響を与えます。睡眠のきっかけとなるものに”メラトニン”というホルモンがあります。脳の一部から分泌されて「眠ってねー」とサインを送るものです。

メラトニンは”光”の影響を大きく受けるホルモン。昼の太陽が出ている時はあまり活動をせずに、逆に夜になり太陽の光がなくなると活発に分泌され始めます。

つまり、光をスイッチにして働く睡眠ホルモンなので、夜になっても強い光を浴び続ければ当然働きにくくなりますよね?”LEDの灯り”や”電子機器”からよく出るブルーライトは、昼の太陽の強い光(ブルーライト領域)を浴びている事と一緒で、メラトニンがうまく生成されない → 眠れない となります。

メラトニンの生成を邪魔しないためには、夜遅くにスマホやパソコンの画面を見続ける事を避けたり、ブルーライトをカットするPCメガネ等使用も良さそうですね。

 

 

同じカテゴリー・その他の記事

 

この記事を読んだ後におすすめのページ

 

スポンサードリンク

 

「寝れる体質」に戻す2つの行動

なかなか眠る事ができなかったり、眠りが浅かったりする場合、 「寝れない体質」に体が変化してしまっているかもしれません。

「寝れない体質」から「寝れる体質」に戻すため、 簡単にできる、次の「2つの行動」をぜひ試してみて下さい。

詳しく見る


サブコンテンツ