就職活動がうまくいかない・・・おすすめのストレス解消法

学生時代の中でも、一番「環境の変化」が大きくなるのが大学生時代かもしれません。

特に、大学生が最も頭を悩ませる「就職活動」時のストレスを解消する方法についてまとめました。

 

大学生はストレスだらけ!?

学業はもちろん、友人関係、恋愛、アルバイト、1人暮らしの生活のこと、そして就職や進路などなど これまでになかった経験がたくさん。

高校時代までとは違い、いろんな事を自分で考えたり判断したりする場面が多くなってくると思います。

これまでと比べての大きな環境の変化は、ストレスや不安となってあなたを悩ませている事と思います。

しかしあまりに過剰なストレスが続いてしまうと、自律神経が乱れ不眠症や”うつ”へと繋がる場合もあります

 

特に「就活」のストレスが辛い

大学生活の中で最大の悩みといえば就活です。少し前に比べるとやや落ち着いてきましたが、やはり、就職への道のりは長く険しいもの

説明会に行き、エントリーシートや履歴書を書き、何度も何度も面接を受け、結果を待つモンモンとした日々。あげく、お祈りメールがポンと届いてまた一からやり直し……。

苦手な自己表現や、他人とグループディスカッションなんかで、コミュニケーション能力とやらを見られたり。これがストレスにならない人っているのでしょうか?

スポンサードサーチ

 

じゃあ、「就活ストレス」はどう解消する?

ひととおりの就活や10年以上の会社勤務をした経験した筆者が思う事は、はっきりいって就職が全てではないという事よく言われる事ですが、就職はゴールではなくスタート地点です。

確かに大企業にいけば、フィールドは整ってます。でも、もしその企業が倒産したら?今の時代、会社の大小での安定なんてありえないですよね?

筆者が今思ってる「安定」は、良い会社(安定しそうな会社)で働く事ではなくて、「自分自身でお金を生み出す能力」という結論にいたっています。

自分でお金を生み出す能力があれば、他に頼る必要はないので、大きな病気にでもならない限り少なくとも「お金」で悩む事はありません。

自分でお金を生み出す方法を学ぶ手段のひとつに「就職という道もある」というイメージ。

就職活動中に、息抜きで遊びまくったり、なんだかダラけてしまう事もあるかもしれません。そして、その後で自己嫌悪に陥る時もあるでしょう。(筆者もそうでした…)

ですが、、、

  1. 就職はゴールではない。
  2. 就職だけが道ではない。
  3. 自分で稼げる能力の方が大事。

という3つの思考法を覚えておけば、「就職=成功」という大学生時代の謎の悩みに振り回される事もなくなるので、気持ちの面で少しラクになるはずです。

スポンサードサーチ

 

同じカテゴリー・その他の記事

 

この記事を読んだ後におすすめのページ

 

「寝れる体質」に戻す2つの行動

なかなか眠る事ができなかったり、眠りが浅かったりする場合、 「寝れない体質」に体が変化してしまっているかもしれません。

「寝れない体質」から「寝れる体質」に戻すため、 簡単にできる、次の「2つの行動」をぜひ試してみて下さい。

詳しく見る


サブコンテンツ