睡眠の質を上げる!睡眠に効果のある!おすすめの食べ物まとめ

28

今回は”睡眠”に効果のあるといわれている食べ物についてまとめています。

 

 

睡眠と食事の関係

人が活動をするためには、”食事” でエネルギーや栄養を補給する事は欠かせません。そして”食事”は睡眠にも深い関わりを持っています。

睡眠の生体リズムは、睡眠ホルモン”メラトニン” よって作られます。メラトニンは光を浴びる事で分泌のリズムが作られますが、その原料となるものには食事が欠かす事ができないのです。

また、ここでは精神を安定させたり、イライラを落ち着かせるような食べ物についても順番に紹介していきます。

 

睡眠に効果的な食べ物

トリプトファンを含むもの

睡眠ホルモンの”メラトニン”は、不安やイライラをコントロールする”セロトニン”から作られます。そしてこのセロトニンの原料となるものが”トリプトファン”です。

ここで注目してほしいのは、トリプトファンは体の中では作られないという事。言いかえれば、トリプトファンはトリプトファンを含む食材でしか摂取不可。という事。トリプトファンを含むモノを食べる事で、メラトニンの分泌を促し睡眠を助けることになると言えます。ちょっと極端な例ですが、以下のような流れですね。

食物 → トリプトファン → セロトニン → メラトニン → 睡眠へ

トリプトファンを含むものを摂取するという事が、睡眠へのスタートラインとなっています。トリプトファンを含む食べ物は以下のとおり。

  • かつお、すじこ 等 魚介類
  • 豚肉、鶏肉、牛肉 等 肉類
  • 大豆 ゴマ バナナ 等

摂取に必要な量は、【体重×トリプトファン 2mg】 が目安。また、トリプトファンは摂取の仕方に一工夫しなけれが、まともに吸収されるない少し厄介な物質です。具体的に摂取する方法については、こちらの記事を参考にして下さい。

 

スポンサードリンク

 

アピイン

セロリやパセリ等は独特な香りがしますよね? あの独特な香りの正体が”アピイン”という物質です。アピインの香りは、ストレス解消や、精神安定の効果を持っています。 ミックスジュースや、スムージ等にして他のフルーツと合わせて飲むのがおすすめです。

 

ビタミンB1

疲労回復や筋肉疲労を防ぐ働きのあるビタミンB1。 なじみの深い栄養素ですが、脳の中枢神経の働きを助ける役割も果たしています。 日本の食生活に欠かせない”お米”等の炭水化物は、ビタミンB1によって糖分に変える働きをしています。

この糖分。脳内においての栄養素となりますが、不足によるイライラや集中力の低下を招いてしまったり、低血糖症によってアドレナリンやノルアドレナリンといったホルモンを抑制できずストレスを感じやすかったり、不安、うつ、等の精神疾患がでやすい状態になります。 ビタミンB1は様々な食費に含まれていますが、特に代表的なものは”豚肉”です。

 

マグネシウム

アーモンドやココアに多く含まれる成分が”マグネシウム”です。別名 抗ストレス ミネラルとも言われ、抗ストレスホルモンを作り出す副腎皮質の働きを助ける効果があります。
 

夜ぐっすり眠れて朝すっきり眠れる2つの方法

本サイトでは睡眠に関わる様々な情報をまとめていますが、薬に頼らず 体に無理をする事なく本当に効果のある『ぐっすり寝る方法』を追究していくと、ある2つの行動が最適だと僕なりに判断しました。

これは、多くの人がラクに続けられる人の体のメガニズムを利用した具体的でシンプルな行動です。

詳しくはこちらの記事を見てみて下さい。

 

この記事を読んだ後におすすめのページ

 

スポンサードリンク

 

「寝れる体質」に戻す2つの行動

なかなか眠る事ができなかったり、眠りが浅かったりする場合、 「寝れない体質」に体が変化してしまっているかもしれません。

「寝れない体質」から「寝れる体質」に戻すため、 簡単にできる、次の「2つの行動」をぜひ試してみて下さい。

続きはこちら


サブコンテンツ