もう分からない・・・の前に/育児【子育て】のストレス解消法

41

子育てのストレスを解消するためにヒントとなる内容をまとめました。

 

 

子育てはストレスが溜まる場面も多い

育児は、幸せな場面や楽しい出来事もたくさんありますが、逆にこれまでに経験したことのないイライラや不安が、大きなストレスとなる時もあるのではないでしょうか?

生まれたばかりの赤ちゃんの、一番の支えとなるのはやっぱりお母さん。その分、お母さんには大きな負担がかかりやすいといえます。

ちょっと外出するのも大変。寒くないか?暑くないか?オムツは大丈夫か?など常に気を使い、本来の用事はさておき、おっぱいをあげれる場所はないか?と探しまわり。電車の中では、急に泣き出したりしないかドキドキ…。今ままで生活サイクルで何てことなかった事が、ほぼ子供を中心に行動しなければならなくなりますよね。

そして、一番精神的につらくなるのは睡眠時という方は多いはず。生後間もない時期には、まだ赤ちゃんの睡眠リズムも整っていないので、何度も授乳したり、ちょっとした寝息の変化に敏感になってすぐ起きたり。夜通し寝る事は難しくなってしまいます。母乳で育てられている場合は、消化も良いので、その分、赤ちゃんのお腹も空きやすくなります。そのため、夜中に目を覚ます回数も増えるかもしれませんね。

まだ母乳を飲んで赤ちゃんが寝てくれれば良いですが、赤ちゃんも生体リズムを作るためがんばっている時期です。ちょっとした事で夜泣きを繰り返し、お母さんは必至にあやし、お父さんはどうてよいのか分からずオロオロ…。(管理人がそうでした…)

お母さんが精神的にまいってしまったり、夜中に何度も目覚める事が不安となり、中途覚醒や入眠障害を起きやすくなります。さらに、あまりにも、精神的に負担がかかりすぎてしまえば、育児ノイローゼになり、ダウンしてしまうかもしれません。

 

スポンサードリンク

 

育児での不眠症を解決するヒント

心身ともに負担がかかりすぎてしまう前に、少しでもその要素を取り除く方法ってないのでしょうか? いくつかヒントとなりそうな事をまとめています。

 

夜寝る事にこだわらない。

育児のためのエネルギーづくりのためにも、睡眠は大事なのですが、「夜に寝なければ」という意識が強すぎると逆に不安が大きくなってしまい、余計に寝る事ができなくなってしまうかも。赤ちゃんの様子に気を配りつつ、寝れる時に寝ればいいかな。ぐらいの気持ちを持っていたほうが良いかもしれません。

実際に、夜泣きで寝かしつけた後、目が覚めてしまった場合は、そのまま起きて、その間に家事を終わらせてしまうママさんもいるみたい。これなら昼間に家事をする場面を減らすこともでき、時間を作れそうですね。

 

育児ストレスを分散する

育メン パパといわれるような人も徐々に増えてきましたが、旦那さんが「手伝っているよ」と思っていても、お母さんからすれば、「もっと協力して欲しい!」と思いう事も多いのでは?ちなみに、我が家もそう思われてました。。。

管理人の場合は、率先してやっていたつもりでも、実際にはあまり役に立っていなかったような事も多かったのかも。。。「それぐらい言わずとも分かってよ!」という事って意外に分かってないんです。なので、いちいち言うのはめんどくさいかもしれませんが、具体的にやって欲しい事を言ってあげる方が後々楽かもしれません。

旦那側も何かしてあげたい気持ちはたっぷりあるのですが、何をしてあげれば良いのか分からない。という気持ちがあるのです。旦那さんは何か手伝いたいという気持ちを伝える事。嫁さん側はこれをやってくれると助かるという事を、お互いに伝え合うのが良いように思います。

 

たまには夜中もバトンタッチ

生後数か月はなかなか難しい事ですが、赤ちゃんの生活リズムが少し落ち着いてきたら、夜のおっぱいをミルクに代えて、旦那さんにお願いするのも良いかもしれません。

旦那さんも、育児の苦労の一部を感じ取れるので、その他のお手伝いがより積極的にもなるように思います。互いに連続だと身体がまいってきてしまうので、これもまた、夫婦間で話しあって助け合っていくのが良さそうですね。

 

同じカテゴリー・その他の記事

 

この記事を読んだ後におすすめのページ

 

スポンサードリンク

 

 

「寝れる体質」に戻す2つの行動

なかなか眠る事ができなかったり、眠りが浅かったりする場合、 「寝れない体質」に体が変化してしまっているかもしれません。

「寝れない体質」から「寝れる体質」に戻すため、 簡単にできる、次の「2つの行動」をぜひ試してみて下さい。

詳しく見る


サブコンテンツ