【冬季うつ/夏季うつ】季節性うつ病の症状の違いと原因・対策方法

15

季節限定で起こる季節性うつ病の原因と対策方法についてまとめています。

 

季節性うつ病ってどんな症状?

季節性うつ病とは、その名のとおり季節に関わるうつ病で別名『季節性感情障害』とも言われています。英語で”Seasonal AffectiveDisorder”、頭文字をとってSADです。

SADは夏もしくは冬になるとうつの症状が出現するようです。『夏季うつ』や『冬季うつ』などと言われ通常のうつとの違いは、季節限定でうつ状態になりそれ以外は元気なところが特徴です。

うつが真面目な人や完璧主義者の方が比較的かかりやすいのに対し、SADは女性がかかる割合が比較的高くなるようです。

『夏季うつ』と『冬季うつ』でも症状に違いがあります。通常のうつの症状の他に、『夏季うつ』の場合は、食欲不振・体重減少・不眠といった症状。対して『冬季うつ』の場合は、過食や・過眠という症状。人間の生理的欲求や機能によるものと区別がつきにくいので、同時にうつの症状がでているかどうかがSADの判断基準となります。

 

スポンサードリンク

 

季節性うつ病の原因と対策。

SADが起こってしまう原因とはどんなものがあるのでしょうか?『冬季うつ』と『夏季うつ』では少し原因が異なります。

『冬季うつ』の原因と対策

『冬季うつ』が起こる一番の原因は『日照量』です。秋、冬と急激に日の入りが早くなり、日照時間が減ってくるタイミングで起こりやすくなってしまいます。日本でいうと北海道や東北地方の方々に多く見られるようです。(転勤等の方は特に。)

光をスイッチにしている脳内ホルモンメラトニンは睡眠ホルモンとも言われ分泌時にはスムーズな睡眠へと導きます。そして朝日をしっかり浴びると減少しその分夜にまたしっかりと分泌されるというメカニズムです。日照時間の変化によって、メラトニンの分泌バランスが崩れやすくなり、うつの状態にも繋がりやすくなるようです。

『冬季うつ』の対策方法としては、この『日照量』をうまく調整するため、『光療法』が効果的とされています。光療法はその名のとおり、光を直接浴びる方法です。強めの光の蛍光灯やLEDランプの前で朝一定時間光を浴びる事を続けます。

『夏季うつ』の原因と対策

では、光の量も十分にある夏場に『夏季うつ』が起こる原因とはいったいなんなのでしょうか?1つは『熱さに対する過剰な反応』です。よく南国から来た人や、熱い国から来た人も、日本の都会の夏は辛いなどと良く聞きます。

アスファルトで覆われた地面からの反射熱とエアコンの熱気など、夏の暑さをさらに加速させる要素が都会の街中にはあると思います。この自然じゃない熱さにやられて、生理的に夏場が嫌になる人が『夏季うつ』になってしまう場合があるようです。

そしてもう1つが、クーラーの使い過ぎによるもの。夏バテの原因とも言われるクーラーの使い過ぎですが、外と室内の温度差があまりにも激しすぎると自律神経の乱れへと繋がります。(自律神経は5℃以上の急激な温度変化に耐えられないといわれています。)

このように『冬季うつ』が光を主な原因としていることに対して『夏季うつ』は温度が原因となる場合が多いと言えそうです。『夏季うつ』に対する対策は、過剰にクーラーを効かせすぎない(外気との温度差を作り過ぎない。)熱さに対する過剰な思い込みがある場合は専門医にカウンセリングをしてもらう等といったことが挙げられます。

 

スポンサードリンク

 

同じカテゴリー・その他の記事

 

この記事を読んだ後におすすめのページ

 

スポンサードリンク

 

「寝れる体質」に戻す2つの行動

なかなか眠る事ができなかったり、眠りが浅かったりする場合、 「寝れない体質」に体が変化してしまっているかもしれません。

「寝れない体質」から「寝れる体質」に戻すため、 簡単にできる、次の「2つの行動」をぜひ試してみて下さい。

詳しく見る


サブコンテンツ