眠活とは?人気の裏技美容法で簡単キレイになった

2

今回は”眠活”についてのお話し。 女性独特のポジティブな睡眠に対する考えを参考にしてみましょう。

 

 

眠活って何?

男性陣にとってはあまり聞きなれない”眠活”という言葉。

眠っている時間やその前後の時間を利用して、”キレイ”になっていこうという女性の間で使われいる言葉のようです。”肌荒れ”や”乾燥肌”、”むくみ”等を解消していくもので、例えば睡眠時にパックを使用したり、そもそもの睡眠の”質” を向上させてカラダの芯からキレイにろうという考え方。

特に”睡眠の質向上させて芯からキレイに”という部分は、生活環境や生活習慣の改善や工夫が多く見られるので、”不眠症”で悩む方々のヒントがたくさん含まれています

また、”眠活”は女性ならではの価値観かもしれませんが、睡眠を改善して”キレイ”を目指すというその考え方は、睡眠に対してとても前向きなアプローチとなっています。例えば、”精神生理性不眠症”の場合だと”睡眠”は不安や恐怖の対象であり、毎日やってくる苦痛な時間でしかなくなってしまいます。

対して女性が”眠活”によって”睡眠”に対する考えは”楽しみな時間”でありポジティブな捉え方となっています。 睡眠の先にあるもの”キレイ”になれる、というポイントがポジティブにさせているのかもしれませんね。不眠症では、”睡眠”に対する正しい捉え方や認知を持つ事もとても大事で、そういった睡眠に対する考えやイメージの捉え方もも”眠活”はおおいに参考になりそうです。

 

スポンサードリンク

 

女性がやってるこんな眠活

それでは、具体的に女性が行っている”眠活”の例をいくつか挙げながら、睡眠に対する影響も補足していきたいと思います。

  • シャワー後にお気に入りのバスローブでリラックス。
  • お気に入りのルームウェアでゆっくり過ごす。

女性用のナイトウェアは、ブランド品もできるほど(ジェラードピケ等)充実していますが、仕事中のONの状態と、家の中でのOFFの状態をうまく作りやすくなっているように思います。 交感神経と副交感神経の働きや切り替えがスムーズに進み、入眠へと繋がりやすくなります。自分自身の”入眠儀式”(この場合はお気に入りのルームウェアで過ごす)を持つ事が大事です。

 

  • バラの香りのアロマをたく。
  • ルームスプレーを使用する。
  • お気に入りの柔軟剤でシーツを洗う。

”香り”にはリラックス効果や精神安定の作用があることは広く知られています。特に女性はこの”香り”をあらゆるシーンで使用し、使い分けることが得意なようですね。

落ち着きたいときは”ラベンダーの香り”、リフレッシュしたい時は”レモングラスの香り”のように、同じシーンでも気分によって香り自体も使い分けています。 アロマの作用については不眠や安眠に効果のあるアロマでも紹介しています。 

 

  • 好きな入浴剤でゆっくりと半身浴
  • 血行促進のためにしょうがの料理やスープ等を飲む
  • 簡単なストレッチやヨガをする 

”質の良い睡眠”を得るためには、入眠時に”深部体温”を下げることがとても効果的です。深部体温を下げるには、睡眠前の3時間程前に入浴や有酸素運動によって深部体温を上昇させておくと、その反復作用で(上がった体温を下げようとする作用で)深部体温を下げる事が可能です。

深部体温と睡眠との関係については運動すると良く眠れるは本当?の記事や、不眠を解消する入浴方法の記事も見てみて下さい。特に”ヨガ”は、有酸素運動でありながら、副交感神経(リラックス効果)を優位にする”腹式呼吸”も取り入れているため、かなり効果が高いと予想されます。

 

 

この記事を読んだ後におすすめのページ

 

スポンサードリンク

 

「寝れる体質」に戻す2つの行動

なかなか眠る事ができなかったり、眠りが浅かったりする場合、 「寝れない体質」に体が変化してしまっているかもしれません。

「寝れない体質」から「寝れる体質」に戻すため、 簡単にできる、次の「2つの行動」をぜひ試してみて下さい。

続きはこちら


サブコンテンツ