精神生理性不眠症とは?その原因と克服するための改善・解消方法

13

不眠症のひとつ精神生理性不眠症その症状や原因、解消方法についてまとめています。

 

 

精神生理性不眠症って何?

「今日も寝れなかったどうしよう」
「布団に入るとなんだか緊張する」
「明日の睡眠時間が来るのが怖い」

このような状態の不眠症をを『精神生理性不眠症』と言います。精神の緊張状態が生理学的に、つまりあなたの身体や脳へ影響を与えている状態です。

不眠症の症状が1ヶ月以上続く人。睡眠を深く考え不安をもっている人。就寝時に身体の緊張を感じる人。このような人は『精神生理性不眠症』の疑いがあるようです。

 

精神生理背不眠症はなぜ起こるの?

精神生理性不眠症は神経質な性格な人や生真面目な人、完璧主義者のような方に起こりやすいようです。

この症状に該当する方も、最初から睡眠に対して不安や恐怖を持っているわけではありません。

1年に1回しかないような大事な試験の前の日や、はじめて自分がプレゼンするような会議の前の日等は、誰しも興奮して眠れなかったり緊張はするものだと思います。この時点で一過性の入眠障害や早朝覚醒は起こる事はありますが、それは一過性で通常であれば元通りになります。

しかし、試験に落ちてしまったりプレゼンに失敗してしまった時、その原因が『睡眠』に向いてしまう場合があるのです。「昨日良く寝れなかったから失敗したんだ・・・」のような感じで。このように不安や緊張の要素の原因が『睡眠』のせいだとひとり歩きをし始めると、いつの間にか常に『睡眠』に不信感や不安を感じるようになります。

このようなケースの他にも、仕事や生活上での大きな変化が原因となって起こる場合もあります。

例えば定年退職された方は自分の自由な時間がかなり増えますが、その分自分の健康についてや睡眠の事が過剰に気になりだしたりしやすくなるようです。高齢者の方は、睡眠ホルモン『メラトニン』の量も少なくなるので、中途覚醒早期覚醒が自然に起きやすくなります。

しかしそれが、「何かの病気じゃないのか?」のように睡眠が気になりだし寝る前に不安になってきます。

その不安が固定化(慢性化)され『精神生理性不眠症』へと繋がるのです。

 

スポンサードリンク

 

精神生理性不眠症を克服する解消方法

精神生理性不眠症になると、日中から常に『寝る事』に不安を感じている状態となります。寝室に入ると不安はさらに増大しリラックスできなくなります。『寝室は眠れずにつらい場所』というイメージしかありません。この理由から旅行先で止まったり、友人の家では意外にスッと寝れたりする人もいるそう。

このように精神面で多大な影響を受ける『精神生理不眠症』の治療は、認知行動治療という手法が有効なようです。

精神生理性不眠症は、患者さんの『睡眠に対する認知』が誤った方向にむいてるため、睡眠衛星や不眠に対する不安や恐怖について適切にアプローチしていく試みが必要となります。

認知行動治療』では睡眠衛生教育により、適切な睡眠への知識指導や、行動実験(睡眠日誌をつける等)で、自身の睡眠の主観と客観的な部分を比較したりりします。

また刺激コントロール療法等により、無駄にベットにいる時間をなくす等の手法があります。

 

 

同じカテゴリー・その他の記事

 

この記事を読んだ後におすすめのページ

 

スポンサードリンク

 

 

「寝れる体質」に戻す2つの行動

なかなか眠る事ができなかったり、眠りが浅かったりする場合、 「寝れない体質」に体が変化してしまっているかもしれません。

「寝れない体質」から「寝れる体質」に戻すため、 簡単にできる、次の「2つの行動」をぜひ試してみて下さい。

詳しく見る


サブコンテンツ