蒸気アイマスクで快眠できる?目を温めるおすすめグッズ3選

3

目の周りをじんわり温めると疲労回復に効果が高いといわれますが、その効果は快眠・安眠へも繋がると言います。

蒸気アイマスクや蒸しタオルで、目の周りを温める事の効果や、実際に使いやすい「目を温めるおすすめグッズ」をまとめました。

 

 

目の周りを温める事の意味とは?

レストランや喫茶店で”暖かいおしぼり”が出てくると思わずやってしまうゴシゴシと顔をふく動作。

メイクをしている女性にはなかなか体験できる機会は少ないものですが、男性は温かいおしぼりで顔をふくと気持ち良くてリラックスもできる事が分かる人も多いはず。

また女性の場合は「温かいおしぼりで顔をゴシゴシ」はできなくても、エステのスチーマーで蒸気を当てて、そのまま眠ってしまいそうなほど気持ち良くなる体験をした人も多いはずですね。

目の周りを温める事の効果で、最もよく知られているのは、眼精疲労の回復を促すこと。

温める事で事で、目の周辺の血管が広がり血液の流れが良くなります。血液の循環がよくなる事で、筋肉もリラックスした状態になり眼精疲労を回復させたり、眼精疲労からくる疲れを癒やす効果も。

また、血液循環のよって涙の分泌も促す事ができるため、ドライアイの時に目の周りを温める事も効果的です。

 

スポンサードリンク

 

目の周りを温めて安眠に?

眼精疲労に効果の高い「目の周りの温め」ですが、実は安眠・快眠にも高い効果が。

人の目の動きを調整しているのは「動眼神経」と言われるものす。この動眼神経は、目を開いたり閉じたり、水晶体の厚みを調整してピントを合わせたり、瞳孔を開いたり閉じたりして光の量を調整したりする役割を行っています。

そして動眼神経は副交感神経でもあるのです。

副交感神経はリラックスモードの時に働く神経。目の周りを温める事は動眼神経つまり副交感神経に働きかける事になります。

副交感神経が働き出すと、体中の血管が広がり血流の流れが良くなります。血流の流れが良くなると筋肉が弛緩しリラックスモードに切り替わるという仕組み。

実際に目を温めると手や足までポカポカしだすのは、この副交感神経が作用している事の証とも言えます。

副交感神経は睡眠時やその前に働き始める神経、睡眠前に副交感神経が働きやすい環境を作る事は安眠・快眠へと繋がり、質の高い睡眠となりそうです。

 

「目の周りを温める」おすすめグッズ

目の周りをじんわり温める事ができるグッズの中で、特におすすめなアイテムをまとめました。

あずきのチカラ 目もと用

1

あずきのチカラ 目もと用

目もと温め系グッズの中で一番の売れ筋。人気の秘密は、何度でも繰り返し使えるところ。

使い方は簡単で、自宅にあるレンジに「あずきのチカラ」本体を入れて温めるだけ。中身にあずきを使っている事が特徴で、少しだけ「重さ」が加わる事で安定感もあります。

本体に記載はありませんが、実際に使ってみると、あずき由来の和菓子のようなとても甘い香りがする事も特徴。

出来立てのアンコの匂いを嗅いでいるような、なんとも落ち着いた気分になれる点も魅力ですね。

めぐりズム 蒸気でホットアイマスク

2

めぐりズム 蒸気でホットアイマスク

こちらも温めグッズの定番品。

「あずきのチカラ」は、何度も繰り返し使う事はできるものの、毎回レンジで暖めなくてはならないので、例えば枕元で「今、使いたい!」となった時にはちょっと不便。

その点、めぐりズムなら封を開けた瞬間から、じんわり温まりはじめるので、枕元のご褒美アイテムとして使うのがおすすめ。

(公式の使い方ではないと思いますが、筆者は耳元のフックを少し引き裂いておいて、寝てる間に敗れて外れやすくするようにして使っています)

匂い付きと無香料タイプがありますが、香りつきのものは人を選ぶ匂いなので、無香料タイプが無難です。

パナソニック 目もとエステ

3

パナソニック 目もとエステ

目もとを温めるグッズの高級品。(と言っても、1万円程度。)

高温と低温の2つの温度でじんわりと温めつつ、独自のリズムタッチと呼ばれるマッサージ機能付きで、震動もプラスして目もとをほぐしてくれます。

持ち運びしやすいコンパクトサイズなものもありますが、マッサージ機能は非搭載。この機種を使うメリットはマッサージ機能の有無が大きいので、少し高額になってもマッサージ有をセレクトしましょう。

目もとエステの口コミ

目もとエステを見る

 

この記事を読んだ後におすすめのページ

 

スポンサードリンク

 

「寝れる体質」に戻す2つの行動

なかなか眠る事ができなかったり、眠りが浅かったりする場合、 「寝れない体質」に体が変化してしまっているかもしれません。

「寝れない体質」から「寝れる体質」に戻すため、 簡単にできる、次の「2つの行動」をぜひ試してみて下さい。

詳しく見る


サブコンテンツ