会社の【仕事のストレスで眠れない】をとてもラクに解消するコツ

1

仕事中のストレスが原因で、家にストレスを持って帰ってしまい「夜もなかなか寝れない」という人も多いかもしれません。

そんなストレスの原因と解消方法についてまとめました。

 

 

仕事のストレスの原因は?

”ストレス”という言葉を聞いて仕事を連想する方は非常に多いのではないでしょうか?

仕事上でのストレスも様々なタイプがありますね。

  • 今まかせれている事に対するストレス(自分の力量と仕事のバランスが取れていない)。
  • 常に営業数字に追われているストレス。(達成できなかったらどうしようという不安)。
  • 取引先のイヤな相手にも頭を下げなくてはならないストレス。(自分を押し殺している事への苛立ち)。
  • 長時間労働でのストレス。(割りに合わないと感じる苛立ち。)
  • 急にリストラさらたら…。(将来の不安)

ざっと上げただけでもこれだけの数のストレスがあります。これではまったくの「ノーストレス」でいれるはずがありません。

「まったく、ストレスがなければ良いのに…」と思うものの、逆に適度なストレスがあるおかげで仕事に対する緊張感がもてる、という側面もあります。

適度にストレスは必要ですが「過度なストレス」になれば別。自分を成長させる事もなく、ただただ精神的にも身体的に悪影響になってしまうだけでしょう。

仕事中に最もストレスのもととなっているものは、やはり「人間関係」が一番です。ある統計情報等では、仕事を辞める一番の理由は「上司との関係悪化」という情報もあります。

運悪く、合わない上司が職場にいたら、出勤する事が苦痛になったり、苦痛だから本来の自分の力を発揮できなかったり、リフレッシュするはずの休日までも翌日の仕事について考えてしまったり、悪循環しかありませんね。

 

スポンサードリンク

 

ストレスはやがて不眠症にも・・・

ストレスは交感神経の働きを活発にします。

交換神経は自立神経の一部で血圧を早めたり興奮させたりする働きを行い、「自立」の名の通り自分の力で動かしたりすることはできません。(自分の意思で動かせる意外の神経はほぼ自立神経ともいえます。)

ストレスから交感神経への働きかけは、生命が生きる上での防衛反応ともいえますね。

「ストレス=生命の危機」になったときに、素早く行動できるように興奮させたり血圧を高めたりして自動的に準備してくれています。

しかし、職場でのストレスは「生命の危機」と呼べるほどではないはずなのに、交感神経はストレスとして認識してしまい活発に。

そしてその興奮状態や緊張状態が過度になりすぎるため、自律神経のバランスを崩し、眠りにくくなったり、状態が長くひどければ不眠症にも繋がってしまいます。

さらに厄介なのが、「昨日、全然寝れなかったから仕事ができなかった」というように、もともと仕事がストレスだったはずなのに、その対象が睡眠に対してすり替わってしまう場合も。この状態は”精神生理性不眠症”という不眠症のひとつです。

身体の防衛反応が、病気へと繋がってしまうのは皮肉な事ですが、ストレスをうまくコントロールできなければ、こういったリスクもある事は予め知っておくべきでしょう。

 

仕事のストレスを解消する方法

先にお伝えしたように、現代社会では「ノーストレスで仕事をする」事は困難。むしろ、ストレスがまったくない状態は不自然です。

そこで「過度にストレスを感じないようにする」という方針で、考え方やそれに伴う行動を工夫します。

完璧主義を辞める

特に仕事中に過度にストレスを貯めやすい人は、完璧主義で真面目な人が多数を占めます。自分にも100点を求めて相手にも満点を求める人です。

しかし何でも完璧な人間は存在しません。まず自分が100点であり続ける事をやめると、相手にもそこまで求める事がなくなります。

そして、相手にもその分やさしくなれるので、対人関係が良好になり無用なストレスを増やすリスクが低減されます。

リズム運動

「ストレス解消に運動が良い」は昔から良く言われる事ですが、特におすすめの運動はウォーキングやランニング等の、一定の動きを繰り返す運動です。

特にストレスが原因で夜に寝れない時は複数の理由で効果的。

運動によって体を温める事で、血行を良くし疲労物質を流す事。空間移動をする事で、脳の体験を適度に刺激してくれる事。

そして、幸せホルモンのセロトニンは、リズム運動によって分泌が盛んになる事などが理由です。

男女別のストレス解消法を実施

仕事でのストレスの原因となるのは「人間関係」が最も多いという事でした。

そして、もう少し細かくみていくと男女別に、ストレスに感じる事やその解消方法には微妙な違いもあります。

 

同じカテゴリー・その他の記事

 

この記事を読んだ後におすすめのページ

 

スポンサードリンク

 

「寝れる体質」に戻す2つの行動

なかなか眠る事ができなかったり、眠りが浅かったりする場合、 「寝れない体質」に体が変化してしまっているかもしれません。

「寝れない体質」から「寝れる体質」に戻すため、 簡単にできる、次の「2つの行動」をぜひ試してみて下さい。

続きはこちら


サブコンテンツ