ストレスで夫婦関係を悪化させない解消法はアサーションがベスト

44

家庭内のストレスの中でも夫婦関係のストレスについて、その原因や解消方法についてまとめています。

 

 

「子供がイヤイヤしててイラッとするけど、その場にいない夫にイライラ。」
「旦那の姑に毎週会うのがつらい。。まるで休みの日に上司に合ってるみたい。」
「夫がなんでも、やりっぱなしでイライラ。。」
「私は育児で自分の時間なんてないのに、なんで旦那は自分のベースなの!」 

こんな、”イライラ”や”ストレス”って多くなっていませんか?これらの原因の元を辿っていくと、どうも”旦那さん”へと集約されてるみたいある統計では、女性のストレスのトップに君臨しているのは、”夫”というデータもあるそうです。(男性陣にとっては耳が痛いですが…)

男性にとっては家庭に安らぎを感じる人が多くても、女性にとっては家庭がストレスのもととなる事はとても多いようですね。つまり、家庭内の夫婦間でのストレスは男性から女性というよりも、女性から男性に対してのストレスが比較的多くなっているとも言えます。

 

スポンサードリンク

 

夫婦間のストレスパターン

細かなストレス例をあげると膨大な量になりそうなので、ここでは、代表的なストレスパターンについていくつか例を挙げてみますね。

育児

子供ができるとこれまでの生活パターンは一変します。結婚という儀式はあるにせよ、ある意味、”恋人”から”夫婦”に変わる瞬間かもしれません。子供が小さい頃は、お母さんは24時間ずーっと離れる事ができません。自分の時間も持てず、子供のためを思って一生懸命子供につくします。

これまでの生活から一変したり、育児に疲れてきても、子供はだだをこねたり、わがままを言ったり。。自分の気持ちを押し殺してがんばらないといけない場面も多いはずです。そんな中、旦那さんのフォローがもちろん必要なのですが、十分なフォローがなければストレスがたまるのは当然のこと。

嫁姑

いつの時代も変わらずある問題は嫁姑問題でしょう。「別に気を遣わなくていいよ。」と、旦那さんも、義母さんも言ってくれるでしょう。「イヤ、、、気は遣うでしょ。」というのが本音ですよね。

全然知らない他人だったり、友達程度の関係であれば、やって欲しくない事は、はっきりと言えるのですが、義母さんともなれば、なかなか断りにくかったり、踏み込んで欲しくない事も言いにくいです。

”断れない・言いにくい”のに、自分の境界線に限りなく近い存在なので、ストレスがたまりやすいですね。ちなみに、旦那さんはその境界線が自分の家族なので、ほぼないに等しい。。なので、細かな部分に気づいてもらえず余計にストレスを感じます。

家事

毎日の家事が大きなストレスとなる事もあるでしょう。旦那さんは仕事と家庭内でのONとOFFが作りやすいのですが、家事はその境界線が曖昧でなかなか休まる暇がありません。毎日繰り返されるルーチンワークに、毎日考えなければならないお弁当やごはんの事。

職場で同僚がいるように、家の中で家事仲間がいるわけではなく、基本1人でこなさなくてはならず、ストレスはたまる一方です。

 

家庭内・夫婦間のストレス解消方法

それでは、それぞれのストレス問題を解消するにはどんな事ができるのでしょう?思考法が中心となりますが、そのヒントなりそうな事をまとめてみます。

育児・家事

子供にイヤイヤ期があったり、駄々をこねる時期が必ずあるように、お母さんがイライラしてしまうのは当然通る道なのかもしれません。そしてストレスがたまるのは一生懸命頑張っている証拠です。どこまで頑張れば良いのか基準値が見えにくく、肩の力が入り過ぎてしまっているのかもしれませんね。

子供が増えてくると力の抜きどころが分かり、1人目の時ほど苦労しない事が多いみたい。ですので、もう少しゆるく育児を楽しんでも良いでしょう。また、なかなか協力してくれない旦那さんは、子供が生まれたとたん、子供中心になったり、なんだか妻が厳しくなったことで、すねてるだけなのかもしれません。

少し手伝ってくれた時は、べた褒めしてあげたりすると、自分の必要性を感じ、より協力的になってくれるかも。お互い育児・家事・仕事に追われ淡々としやすくなるもの、休日は思い切り家族で気晴らしに出かけるなどして、共通の”ご褒美”を作ることもとても良いと思います。

嫁姑問題

嫁姑問題については、お互いの距離間が分からないまま、その境界線が限りなく近いことでストレスがたまりやすくなります。コミュニケーション技法のひとつに”アサーション”というものがあります。これは、まず自分のことも考えるけど相手の事も配慮して発言することです。相手の事を考えずズケズケものを言うわけでもなく、逆に自分の考えを押し殺して何も言わない事とも違います。自分の意見も伝えつつ、相手を尊重するのが”アサーション”です。

主に、ビジネススキルとしてよく登場するアサーションですが、嫁姑関係の円滑なコミュニケーションとしても役に立つはず。あなたが、距離感でストレスを感じることと同様に、義母さん側も気を使って接しているはずです。

互いが”アサーション”なコミュニケーションを取ることが、本当の意味での気を使わない関係へと繋がりそうです。

 

同じカテゴリー・その他の記事

 

この記事を読んだ後におすすめのページ

 

スポンサードリンク

 

 

「寝れる体質」に戻す2つの行動

なかなか眠る事ができなかったり、眠りが浅かったりする場合、 「寝れない体質」に体が変化してしまっているかもしれません。

「寝れない体質」から「寝れる体質」に戻すため、 簡単にできる、次の「2つの行動」をぜひ試してみて下さい。

続きはこちら


サブコンテンツ