女のストレス発散方法・原因と解消法のまとめ

「女性のストレス」の特徴と、その解消方法についてまとめていきます。

 

女性ならでは ストレスの原因とは?

男性の場合だとストレスの原因となるのは、ほぼ「仕事に関わる人間関係」が原因と言われています。

一方で、女性の場合は「家庭内での出来事」が中心となりますが、「出産」や「育児」などによって、これまでの生活スタイルが一変しやすく、その「変化の大きさ」もストレスの大きな一因となっています。

そして、女性ならではなストレスの原因としては「女性ホルモン」もそのひとつ。

「女性ホルモン」は、ストレスの影響を受けやすいホルモンで、ちょっとした事が原因で乱れがちに。

ホルモンバランスを調整する「自律神経」は、女性ホルモンの乱れと連動するかのように乱れていき、よりストレスを受けやすい状態になってしまいます。

(女性に「うつ」が多いの事の一因)

もともとストレスを感じやすい状態なのに加え、例えば「几帳面」だったり、性格的に真面目だったりする人は、よりこういった影響を強く受けやすいと言われます。

  • 妊娠や出産等 生活スタイルが一変する出来事がある。
  • 女性ホルモンにより、もともとストレスを感じやすい体質。

大きく分類するなら、女性ならではのストレスの原因はこの2点になる事が多いです。

スポンサードサーチ

 

女性ストレスの特徴

男性の場合はストレスを感じると「自分の殻」に閉じこもり、ひたすら自己解決を試みようとする特徴があります。

それに、対して女性の場合のストレスを感じると、即座に感情があふれ出し、言葉となって出てくるのが特徴です。

また、男性がストレスを感じると拒食(自己解決に集中するため他の事を遮断)となりやすい傾向があるのに対し、女性の場合は過食になる事が多いようです。

ヤケ食いであったり、甘いものを食べまくってスッキリしたというような状態ですね。

脳内神経伝達物質の「セロトニン(通称:幸せホルモン)」は心のバランスを保つ役割をしていますが、女性は男性に比べるとセロトニンの量が少ないとも言われています。

(ちなみに、女性に冷え性・便秘が多い理由も「セロトニン不足」が原因のひとつとされています。)

セロトニンを増やす方法としては、「太陽の光を浴びる(朝が理想)」「リズム運動」「食事」等が挙げられますが、女性がストレスを感じて過食に走る一因は、「セロトニンを増やすために食に走っているから」との解釈もあります。

また、女性ならではのストレスの特徴となるもののひとつに、PMS(月経前症候群)が挙げられます。

これは、月経(整理)が始まる3〜10日前におこる症状で”イライラや「不安」等の症状となってあらわれます。

PMSの原因についてはよく分かっていない事のほうが多いようですが、これも「女性ホルモン」によるものという説が有力なようです。

 

女性のストレスの解消法

女性のストレス解消法としておすすめなのは、何よりも喋り相手をもつ事です。

但し、女性同士で集まってお互いが”ストレス”発散のために喋っていた場合、共感によって余計にストレスの元が助長されてしまいより大きなストレスとなってしまう事も…

なので、しっかりと話しを聞いてもらいつつも、「より良いアドバイスをくれるタイプの人」がおすすめ。

また、「涙を流す」事もストレス発散の大きな手助けとなります。

特に「悲しみの涙」よりも、映画などで「感動の涙」を流すとマイナスな感情を和らげる働きが強い事が分かっています。

また、PMSの症状がある場合には、事前にパートナーにその事を伝え、理解を求めておく事が大事。

相手もいきなり感情に起伏が現れるよりも、女性ならではの事だと事前に理解しておけば、敵対する事なく逆に理解者となってくれるはずです。

 

同じカテゴリー・その他の記事

 

この記事を読んだ後におすすめのページ

スポンサードサーチ

「寝れる体質」に戻す2つの行動

なかなか眠る事ができなかったり、眠りが浅かったりする場合、 「寝れない体質」に体が変化してしまっているかもしれません。

「寝れない体質」から「寝れる体質」に戻すため、 簡単にできる、次の「2つの行動」をぜひ試してみて下さい。

詳しく見る


サブコンテンツ