腰痛なら横向きに寝るのが良い理由・腰痛がひどくなる時は?

3

腰痛時には、横向き寝が良いとされるのはどんな理由があるのでしょうか? また、逆に横向き寝で腰痛がひどくなるのは、どんな理由があるのでしょうか?

 

 

腰に負担のかからない寝方

腰に最も負担がかかりにく寝方は「仰向き寝」と言われています。

ですが「腰痛持ち」の場合は、姿勢が悪くなっている事がほとんどで、腰や背中も曲がってしまっているパターンが多いもの。

こんな時に、無理に仰向け寝をしてしまうと、帰って腰を痛めたり痛く感じてしまうかもしれません。

そこで、一般的に言われる腰痛時に腰が負担のかからない寝方が「横向き寝」です。

実際に筆者も、ぎっくり腰になった時に病院で言われた寝方が横向き寝で、膝を軽く曲げた状態でゆっくりと安静にしておくように言わた経験があります。

また、腰痛時に最も相性が悪い寝方が「うつ伏せ寝」です。無理に腰を逸らした状態を続ける事で、腰に大きな負担をかけてしまい、腰痛を悪化させる要因となってしまいます。

 

腰痛の種類によっても変わる

基本的に「腰痛時は横向き寝が良い」とされるものの、腰痛自体が様々な状態、要因が重なって起こるため、腰痛の種類によっても微妙に寝方が変わってきます。

腰痛が辛い時に横向き寝をやってみて、その姿勢がラクだと感じるなら、そのまま横向き寝がベスト。膝の間に枕や座布団を挟んで、膝を曲げて寝るようにすると、より負担も軽減され骨盤のゆがみもなくなって良いとされます。

腰を後ろに反らす動作ができない場合には、このタイプの枕を挟んだ横向き寝をするか、膝を軽く曲げて枕等を下に置いた状態の仰向き寝が負担がかかりにくくなります。

逆に前に屈伸する事が辛い場合には、右側と左側どちらにより負担がかかっているか確認する方法もおすすめ。

腰を右に曲げた時に、腰の左側が痛くなる場合には腰の右を下向きにして横向き寝を。腰を左に曲げて右側が痛くなるなら左側そ下にした横向き寝が負担が少なくなると言われます。

どの方法をやる場合でも共通の注意点は、「無理にその姿勢を保とうとしない」という事です。

「この寝方が良いから、この姿勢を維持しなくては…」という状態は、心身ともに大きく負担をかけてしまう状態です。

上記を参考にしつつ、「この姿勢がラク」という痛みのサインがない状態が、今の自分にとってベストな姿勢となります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「寝れる体質」に戻す2つの行動

なかなか眠る事ができなかったり、眠りが浅かったりする場合、 「寝れない体質」に体が変化してしまっているかもしれません。

「寝れない体質」から「寝れる体質」に戻すため、 簡単にできる、次の「2つの行動」をぜひ試してみて下さい。

詳しく見る

サブコンテンツ