横向きの寝方で「右向き左向き」消化に良い寝る方向

7

ご飯を食べた後にすぐ横になるとき。右向きに寝るのと、左向きに寝るのはどちらの方が良いのでしょうか?

 

 

消化に良い寝る方向は右向き

一般的にご飯を食べた後で寝る方向の向きは、お腹の右側を下にする右向き寝が良いとされています。

食べた食べ物は口の中に入った後で、胃の入り口に入り消化され胃の出口へと進んでいきます。

この胃の「入り口」と「出口」は、正面から見た時に下にストンと落ちるように真っ直ぐにはなっていません。

正面から見ると、「入り口」に対して「出口」が少し左にずれたような位置にあります。自分目線でみると出口が右にずれたような状態です。

この位置関係の違いが消化には右向き寝が良い理由。

例えば、右向き寝をした時の胃の様子真横から観察した時のイメージは、次のようになります。

1

赤色が食べ物が通る流れを単純化したもの。

右向きに寝ると、画像のように重力したがって下に落ちるように進んでいくため消化がスムーズになるという仕組み。

2

一方で、左向きに寝た時は、食べものが重力に逆行するように進んでいかなくてはいけないので、その分、胃に負担がかかってしまうという仕組みです。

 

左向きにもメリットがある

一方で左向きに寝る場合がメリットになる事もあります。

それは、逆流性食道炎を持っている人の場合。胃の機能が低下している人に起こりやすく、胃の内容物が食道へと逆流してしまう現象の事です。

逆流性食道炎の人が左向きに寝るとこんな感じに。

2

食べ物の順路的には負担がかかりますが、消化中には胃がプール状になっていて食道への入口に達していません。

1

一方で右向きに寝るとこんな感じに。

プール状にならないため、食道への入口に胃の内容物が達します。通常であれば食道に戻る事はありませんが、逆流性食道炎の人は、食道への出入り口の筋肉がゆるんでいるので、逆流してしまう要因となるのです。

まとめるとこのようになります。

  • 食べた後で寝る場合は消化に良いのは右向きが基本
  • 逆流性食道炎の人は左向きに寝ないと逆流のリスクが高まる

ちなみに、基本的に消化に良い向きは右向きですが、ホリスティック医学(体だけではんく、心や瀬精神、環境を含めた総合的な医学)では、体の左側がリンパの中心となるので、左下(左向き)で寝る事で「リンパの循環や不要な毒素の排出を促すので良い」とも言われています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「寝れる体質」に戻す2つの行動

なかなか眠る事ができなかったり、眠りが浅かったりする場合、 「寝れない体質」に体が変化してしまっているかもしれません。

「寝れない体質」から「寝れる体質」に戻すため、 簡単にできる、次の「2つの行動」をぜひ試してみて下さい。

詳しく見る

サブコンテンツ