夜・睡眠中に咳が出て寝れない!原因と対策方法まとめ 

2015-02-02_123555

「風邪」や「喘息」等、原因は様々ですが、夜になると目覚めてしまうほどに止まらない咳がでてしまって、苦しい思いをした経験のある方も多いと思います。

そんな、寝る時になって起こり始める、睡眠中の咳の原因と対策方法についてまとめてみました。

photo by Joe Martin

 

睡眠中の咳の原因とは?

昼間はそうでもなかったのに、夜寝る時になると咳が出始める。

こんな「夜の咳」が出やすい理由として代表的なものが次の3種類です。

  1. 自立神経の副交感神経優位による気管支収縮
  2. ハウスダスト
  3. 冷え込みによる気管支の収縮

自立神経の副交感神経優位による気管支収縮

副交感神経は、リラックス状態になると働くもの(優位になるもの)であり、本サイトでも「睡眠の質を上げるためには、副交感神経を優位にする必要がある」と繰り返し解説しています。

ただ、副交感神経が夜間に優位になると、「気管支を収縮させる」という働きも起こってしまいます。

気管が収縮する事で、刺激に敏感になり、咳がとても出やすくなってしまう状態に。

ハウスダスト

「ハウスダスト」は、日中は人の動きによって舞い上がっています。 それが夜になると鎮静化するので、今度は地面に集中すると言われています。

人が寝る時の高さは、地面に近い位置にあるので、ハウスダストの刺激を受けやすく咳が出やすくなる状態に。

冷え込みによる気管支の収縮

特に冬場に起こりやすい状態。夜間の冷え込みによって、気管が収縮し刺激を受けやすくなります。

スポンサードリンク

 

睡眠中の咳を鎮める方法

睡眠中の咳を鎮めるためには次のような方法がおすすめです。

部屋を加湿する

気管を潤すために加湿等を利用して部屋を加湿します。喉の乾燥は咳のスイッチとなります。 できれば、加湿器と空気清浄機が一体型になったものがおすすめ。

少々割高になりますが、 ハウスダストも除去しながら加湿も行えるため 咳予防にはかなり理にかなった機材です。

マスクを使う

マスクをつける事で、気管の乾燥をかなり防いでくれます。 マスクをつけて寝るのが寝苦しい場合でも就寝用のマスク等も販売されています。

加湿機能付き空気清浄機等と合わせると、さらに高い効果が見込めます。

ハチミツやしょうが湯

民間療法的な意味合いでよく利用されるものです。ハチミツには古来より抗菌・効果作用があると言われていて、ある研究によれば、子供の咳にはせき止めシロップ以上の効果が見込めるというデータもあるようです。

参考サイト:子どもの咳には、はちみつが効果的?

切った玉ねぎを枕元に置いておく

半分にカットした玉ねぎをお皿等に置いて、枕もとに置いておくというもの。

玉ねぎを切った時に涙が流れる原因でもある「硫化アリル」と呼ばれる成分には、睡眠&鎮静作用が高い成分と言われていて、その効果によって咳が収まる場合があります。

筆者も実際によく使う方法で、かなり高い効果を実感できる方法です。

よく言われているやり方は、半分に切った玉ねぎを置くやり方ですが、筆者の場合はみじん切りにしたものを洗濯網に入れて、ベッドで寝ながらスマホを見る時に使う「スマホスタンド」にぶら下げてやっています。

※ ただ、かなり部屋中臭くなりつつ、匂いが偏頭痛の原因になる時もあるので、よっぽど酷い場合にのみしかやりませんし、オススメする方法ではありません。

「ほのかに臭う」程度が良いようですので、通常は半分カットで置いておく方が良いと思います。

横向きで寝る

咳が起こる原因として「気道が狭くなって刺激が増える」というものがありましたが…

仰向きで寝ていると「舌根」と呼ばれる部分が重力によって下がり、気道を塞ぎやすくなります。これは、いびきの原因でもあります。

舌根が下がるのを防ぐには「横向き」が有効と言われ、いびき解消に有効な方法です。

気道を防ぐ割合が減るという事は、咳が出やすい時期に喉への刺激も減らせるという事につながり、咳を発生させにくい姿勢になります。

▶関連:これが正解!「横向き」で寝る時の正しい寝方とは?

筆者が、風邪等が原因で夜に咳が出やすい場合は、「痰がたまって、それがきっかけで咳き込む」という事を繰り返し、なかなか寝付きにくいです。

横向きに寝ると、痰が喉奥に流れにくくなるので、よく横向きで寝るようにしています。

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「寝れる体質」に戻す2つの行動

なかなか眠る事ができなかったり、眠りが浅かったりする場合、 「寝れない体質」に体が変化してしまっているかもしれません。

「寝れない体質」から「寝れる体質」に戻すため、 簡単にできる、次の「2つの行動」をぜひ試してみて下さい。

詳しく見る

サブコンテンツ