睡眠中に靴下を履く効果・冷え症やダイエットをサポートできる?

2015-01-27_104457

by AnnaKika

睡眠中に靴下を履く事で起こる効果や変化についてまとめます。冷え症改善や、ダイエットにもつながるかも?と言われている睡眠中の靴下ですが・・・

 

 

睡眠中の靴下で冷え性改善?

睡眠中に靴下を履いて、冷え症改善を狙う時によく出てくるのはこんな方法をよく見かけます。

  • 絹の靴下をいれつつ4枚履きする。
  • 5本指の靴下を履いて寝る。
  • 締め付けの少ないモコモコした靴下が良い。

いずれの場合もポイントとなっているのは『冷えた足を温めたい!』という事と『締め付けは血行の流れが悪くなるから良くない!』という2点です。

冷えすぎた足を温める必要があるのか?というと、 寝る直前や、就寝中は足先が冷えるのは普通の事。体の深部体温を下げ良質な睡眠を得るためのラジエーター的な役割を果たしています。 あまりに血行の流れが悪すぎると、このラジエーターの役割がうまく機能できなくなる事が予測されるので、巡りが悪いようであれば適度に足元を温める必要はあるかもしれません。

ただ、4履き、5本指靴下、締め付けのない靴下いずれの場合も、 血液の巡りが悪くならないように工夫されていはいても、 素足で解放してる状態に比べれると当然、多少なりとも圧迫感はあるはず。

適度に足元の巡りを良くしながら、足指や四肢が解放されてる状態を作るのに最適なものが『レッグウォーマー』です。 ふくらはぎを中心に温める事で、足先までしっかり血液が送れる状態にしつつ、 足元が解放してる事で十分な放熱効果も期待できます。

 

スポンサードリンク

 

睡眠中の靴下でダイエット?

『ゆるソックスダイエット』という言葉が一時期ブームになりました。 これは、足首をゆるく固定しながら、かなりぶかぶかな靴下をはく事で良質な睡眠を得る事がベース。(足元の巡りをよくしながら、深部体温を下げるという基本の考え方です。)

睡眠の質を上げる事をベースにし、 睡眠の質が上がると自然に痩せていきますよ!というものです。

睡眠の質が上がるとなぜ痩せる事ができるのか?は、『ダイエットで不眠症に?睡眠とダイエットの関係と効果』の記事で詳しく解説していますので合わせてご参考に。 

簡単に説明すると、睡眠の質が上がる ⇒ 自律神経の改善 ⇒ 代謝UP ⇒ ダイエット効果。 という流れ。 また、良質な睡眠いより、レプチン・グレリン等の『食欲』に関係するホルモンバランスが整う事で、 無用な空腹が避けられからという理由です。

『睡眠の質』をあげる方が良い事は、言うまでもなく間違いないです。 ただ、靴下1本で劇的に睡眠の質が上がるわけもなく、あくまで1要素と考えた方が良いでしょう。 睡眠の質を上げるヒントについてはこちらの記事 も参考にしてみて下さい。 

 

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「寝れる体質」に戻す2つの行動

なかなか眠る事ができなかったり、眠りが浅かったりする場合、 「寝れない体質」に体が変化してしまっているかもしれません。

「寝れない体質」から「寝れる体質」に戻すため、 簡単にできる、次の「2つの行動」をぜひ試してみて下さい。

詳しく見る

サブコンテンツ